歯の質問箱

歯周病について

このFAQは現在の歯科の常識の範囲で述べていますが、個々の歯科医で若干の意見の相違が生じる場合があります。実際の受診にあたっては歯科医と相談下さい。

  1. 歯周病とはどんなものですか?
  2. 歯石、歯垢がどんな影響を与えるのですか?
  3. 歯周病予防、治療にはどんな方法があるのですか?
  4. 歯周病にかかっているか自分でわかるのですか?
  5. 歯周病の治療法は?
  6. 歯周病にどのくらい気を配ればいいのでしょうか?
  7. 定期検診が必要と聞きましたが?

  1. 歯周病とはどんなものですか?
  2. 歯周病とは詳しく言いますと歯周組織に原発し,歯周組織を破壊 し,その機能を侵す病的状態をいいます。ただし,歯周組織を破壌する新生物(悪性腫瘍な ど)や代謝疾患は含みません。歯周病のほとんどはプラーク中の細菌が原因の炎症性疾患であり,大きく歯肉炎と歯周炎に分類されます。

    目次へ

  3. 歯石、歯垢がどんな影響を与えるのですか?
  4. 歯石は歯周疾患の発症段階で直接歯周組織に為害作用を示すよりも問接的にプラークの停 滞を促すこと等によって歯周疾患の進行過程で強い影響を示します。

    1. プラークをその位置に停滞させる役割をはたします。
    2. 多量の歯石は日常の口腔衛生の効果を阻害し,それによってプラークの形成を促進させます。
    3. 石灰化以前から歯石中に残存しているか,歯石を被覆しているプラークから歯石中に入 り込んだ毒性産生物を含有する可能性があります。
    • 歯肉縁上プラークが歯肉炎を惹起
    • 歯肉炎が歯周炎に移行するのには特別な歯周病原菌が関与している
    • その他歯周疾患の原因として歯石,食片圧入,歯列不正,不適合充填物などの局所的因子 があげられます。

    目次へ

  5. 歯周病予防、治療にはどんな方法があるのですか?
    • 洗浄、貼薬
    • 歯垢、歯石を除去する。
    • 歯周病の手術
    • 適合、かみ合わせ、隣の歯との関係が不良な詰物、かぶせた物を改善する。
    • 口呼吸の改善
    • 歯列不正の改善
    • 口腔形態異常の改善
    • 異常習癖(歯ぎしり、くいしばり)の改善
    • 家庭療法(ブラッシング等)
    • 定期検診

    目次へ

  6. 歯周病にかかっているか自分でわかるのですか?
  7. 歯周病は成人のかなりの割合が罹患しています。しかしながら それは必ずしも痛みを伴っていませんので自覚することが困難です。かなり進行していることさえも知らないかもしれません。以下の注意信号に心当たりがありましたらかかりつけの先生に見てもらって下さい。

    比較的初期症状としては

    1. 歯ぐきの色や形が変わる(赤く腫れた歯肉)
    2. 歯ブラシの時の出血
    3. 冷たいものがしみる
    4. 口臭を感じる

    少し進行した状態ではさらに

    1. 歯ブラシをしないでも歯肉から膿や血が出る
    2. 歯が浮いた感じがする
    3. 歯が長く見える(歯茎がやせる)
    4. 歯がグラグラ動く

    等の症状が加わり、重傷になると

    1. 噛むと歯が痛む
    2. 頻繁に歯茎が腫れる

    などの末期症状を強く自覚するようになり、次第に食事をとるのが困難になります。そのまま放置しておけば、いずれ歯が自然に抜けてしまいます。

    目次へ

  8. 歯周病の治療法は?
  9. 歯周病治療の目的は歯とその周囲の組織に付着した汚れを徹底的に除去する事です。この目的を達成するためには、患者さん自身による正しいブラッシング、歯科医師側で行われる歯石除去などが不可欠であり、進行した歯周病の場合には噛み合わせの治療や矯正治療が行われることもあります。

    目次へ

  10. 歯周病にどのくらい気を配ればいいのでしょうか?
  11. 毎日のチェックが必要です。洗面台に立つ際に歯茎の形や色をこまめに見ていれば、変化が起きたときに気づくことが出来ます。虫歯と異なり、初期症状がほとんどない病気ですから、初期に気がつけばその分治療の手間も少なくて済みます。

    目次へ

  12. 定期検診が必要と聞きましたが?
  13. 歯周病は慢性疾患ですので、治療が終了した後も油断は出来ません。日頃のていねいなブラッシングで汚れを取ることはもちろんですが、定期的に検診を受けることで取り残した汚れや新たに付着する歯石を早めに除去し、お口の中の健康を維持する事を心がけて下さい。

    目次へ