歯の質問箱

歯並びについて

このFAQは現在の歯科の常識の範囲で述べていますが、個々の歯科医で若干の意見の相違が生じる場合があります。実際の受診にあたっては歯科医と相談下さい。

  1. 歯の矯正はいつ頃から始めたらいいのでしょうか?
  2. 矯正治療はどのくらい時間がかかるのですか?
  3. なぜ悪い歯並びになるのですか?
  4. 悪い歯並びにもいろいろ種類があるそうですが?
  5. 装置は食事や会話にどの程度影響するのですか?
  6. 歯の矯正はおとなでも出来るのですか?
  7. 歯の矯正に保険を使うことはできないのですか?
  8. 歯の矯正の費用は?

  1. 歯の矯正はいつ頃から始めたらいいのでしょうか?
  2. 不正咬合の種類と程度によって千差万別で、いつが一番いいという時期の特定はできません。しかし歯並びの成長過程の中で、いくつか治療開始に適している時期があります。まず小学校就学時期、前歯が乳歯から永久歯に交換する時期が最初のタイミングと言えるでしょう。この時期は前歯の凸凹や上下の噛み合わせが逆になったり、鏡の前で気になる部分がはっきりと認識され始めます。また指しゃぶりなど悪習癖が原因と考えられる前歯の突出などに対する矯正治療も考えなければなりません。次に中学校就学時期、このタイミングでは永久歯がすべて揃います。歯列全体の凸凹や上下顎の対向関係のズレを修正する方向での治療が考えられます。

    目次へ

  3. 矯正治療はどのくらい時間がかかるのですか?
  4. 乳歯のある時期に早期治療を始めた場合と、永久歯全体の治療を行う場合とで異なります。治療の難易度により異なりますが、取り外し式の装置を使って数カ月~1年程度で終わる場合から、固定式装置を2~3年間つけることが必要になります。固定式の装置を使った治療の場合、通常3~6週間毎の診察が必要で、1回の治療時間はおよそ15~60分です。

    目次へ

  5. なぜ悪い歯並びになるのですか?
  6. 不正咬合の原因は2つに大別することができます。それらは先天的原因と後天的原因です。前者には遺伝的影響を受ける比率が大きいと考えられる顎の形や歯の過不足などに起因する不正咬合が含まれ、後者は乳歯の虫歯や悪習癖(指しゃぶりなど)が引き金となって生じる個々の歯の位置異常が考えられます。顎の大きさは背の高さと同じように、基本的には自分でコントロール出来るものではありません。また虫歯が1本もなくても個々の歯の大きさが顎の大きさとバランスがとれていなければ歯列は凸凹になったり、前歯が前方に飛び出してしまいます。さらに乳歯の早期喪失や晩期残存、永久歯の虫歯や歯周病などによってその歯が早期に抜け落ちてしまう状況などが重なると、自然に綺麗な歯並びができるとは考えにくいものです。個々人の口元のイメージと歯並びの関係を、単に見た目の問題としてではなく、きちんと機能させることを目標にして矯正治療は行われます。

    目次へ

  7. 悪い歯並びにもいろいろ種類があるそうですが?
  8. 一口に不正咬合といっても、まったく同じ歯並びの人は誰一人存在しないほど多岐にわたります。不正咬合は、顎の中における個々の歯の問題(傾きや位置)、上下対向している顎の問題(水平的・垂直的ズレ)、顎関節の問題、頭の骨(脳頭蓋)に対する顔を構成する骨(顎顔面骨)の問題など、さまざまな要素が複雑に重なって成立してます。単に「反対咬合」といっても、下の顎が大きすぎる場合と、上の顎が小さすぎる場合、また上下とも顎には問題がなくても歯の傾きだけが悪い場合などに分かれます。具体的にどこがどの程度悪いのかを調べるためには、規格化されたレントゲン写真による精密検査が必要になります。

    目次へ

  9. 装置は食事や会話にどの程度影響するのですか?
  10. 装置を入れた直後は少し違和感や痛みを自覚されることが多いようです。数日から1週間くらいで慣れてしまう場合がほとんどです。

    目次へ

  11. 歯の矯正はおとなでも出来るのですか?
  12. 最近では目立たない装置の開発や能率的な治療システムの確立により、矯正歯科治療を受診する成人の割合が増加しています。基本的には歯を移動させるのに年齢制限はありません。むしろ大人の方は治療に対する理解が深いため、難しい症例でも上手く治療できる場合が多いようです。ただし歯を移動させる場合、歯を支えている骨や歯肉の状態が健康であることが必要で、成人は一般的に成長期にある若年者の治療よりも治療期間が多少長くなる傾向があります。

    目次へ

  13. 歯の矯正に保険を使うことはできないのですか?
  14. 一部の症例を除いて矯正治療には健康保険は使えません。手術を伴う外科的矯正治療や唇顎口蓋裂にともなう不正咬合には健康保険が適用されますが、一般的には使えないのが現状です。

    目次へ

  15. 歯の矯正の費用は?
  16. 医院により異なりますが、矯正専門医であれば大体同じくらいでしょう。治療費はおもに症例の難易度や治療期間などにより決定されますが、治療開始前に医院の料金設定についての説明を十分にお聞き下さい。

    目次へ