活動報告

学術関係: 学術講演会・研修会事業

大学同窓会・校友会共催学術講演会

学術講演会のお知らせ

平成29年度 日本大学同窓会共催学術講演会

日時:
2018(平成30)年2月14日(水)19:30
場所:
武蔵野市歯科医師会会館 会議室
講師:
日本大学歯学部歯科補綴学第Ⅰ講座教授飯沼 利光 先生
演題:
健康寿命の延伸に歯科医療はどう貢献すべきか
〜高齢者が日本一住みたい街をめざして〜
抄録:

日本は超高齢社会を迎え、現在日本人の平均寿命は過去最高を更新しました。ところが健康寿命は10年も短く、超高齢世代を寝たきりにさせないことがこれからの医療には強く求められています。

そこで今回のお話では、私たちの研究チームが行っている超高齢者を対象とした「お口と身体の健康調査」から得た疫学データをもとに、健康寿命の延伸に役立つ口腔保健に関する最新情報と、これらが身体あるいは精神的な健康状態とどのような関連性を持つかについて解説をさせていただきます。そして、超高齢社会において医師や介護者との医療連携において、歯科医療が果たすべき役割とその可能性についてお話をさせていただき、高齢者から、「武蔵野に住んで良かった」と思っていただく街づくりに役立てていただければと思います。

講演詳細PDF[A4:220KB]

これまでの講演会
平成29年度 東京歯科大学同窓会共催学術講演会
歯科医療の舞台裏2017
2017年10月18日
平成29年度 日本歯科大学校友会共催学術講演会
Let's try Sports mouth guard
~貴院の受け付けにスポーツマウスガードのパンフレットを置きませんか~
2017年9月29日
平成28年度 日本大学歯学部共催学術講演会
超高齢社会からみた補綴およびインプラント治療の未来予測
2017年2月22日
平成28年度 日本歯科大学校友会共催学術講演会
「見たことありませんか?こんな口腔症状」
~口腔所見でわかる全身疾患と対応方法について~
2016年12月9日
平成28年度 東京歯科大学共催学術講演会について
「歯科トラブル症例への対応」
2016年11月21日
「日本歯科大学校友会共催学術講演会」
周術期の医療連携について
2015年12月11日
「日本大学歯学部同窓会共催学術講演会」 2015年11月4日
「日本歯科大学校友会共催学術講演会」
顎関節症のとらえ方・接し方-診断・治療のパラダイムシフト
2014年2月14日
「日本大学歯学部同窓会共催学術講演会」
患者の満足を得るための印象・咬合調整その他のちょっとした基本と勘所
2013年10月16日
「東京歯科大学同窓会共催学術講演」
エンド難症例の原因解明と予後の良い歯根端切除術
2013年9月11日
「抗菌療法と新しい歯周組織再生療法(FGF-2製剤)の展望」 2012年10月10日