武蔵野市歯科医師会について

会長挨拶

武蔵野市歯科医師会のホームページをご覧頂きありがとうございます。

photo

武蔵野市歯科保健キャンペーン標語
「じょうぶな体、元気なお口」

武蔵野市歯科医師会は、平成28年に創立50周年を迎えました。皆様の健康と幸せのために、口を通して、私たちはこれからも、努力する所存でございます。

今までの歯科治療と言えば、形態と機能の回復(虫歯の治療、歯周病の治療、入れ歯など)が主な仕事でございました。もちろん、これからも変わらず、歯科医療の基本ではございますが、昨今、口と全身の関係が明らかになってきました。

例えば、歯周病と、誤嚥性肺炎、糖尿病、心筋梗塞、低体重児、早産等との関係が強く指摘されておりますし、入院時の口腔ケアをおこなっている患者様は入院の日数が少なく、歯科健診を定期的に受けている人ほど、年間医療費が少ないことがわかってきました。(健康でいられるということでしょう。)

このように、歯科と全身のかかわりがはっきりしてきました。ここで、提案です。「かかりつけの歯科医」を持つことをお勧めします。また、市の歯科健診を積極的に利用することをお勧めします。

「かかりつけ歯科医」とは口腔内の疾患(虫歯、歯周病、入れ歯等)で歯科医院へ行くのではなく、日頃から歯やお口の健康に対して気軽に健診や相談できる歯科医のことで、武蔵野市歯科医師会は皆様の「かかりつけ歯科医」としてお役に立ちたいと考えております。

又、武蔵野市と共に、歯科健診事業を各年代において、行っております。
妊婦さんの「妊婦健診」「こうのとり教室」
出産後にお子さんと母親へ 「1歳6か月児と母親健診」「乳幼児歯科相談」「3歳児健診」「卒業教室」
小学校、中学校の「学校歯科健診」
さくら祭り、良い歯のための集い、青空市での「無料歯科健診」
40歳からの「歯科健康診査」主にご高齢の皆様へ「口腔ケア教室」「在宅高齢者訪問健診」等。
他にも、高齢者の皆様、障害をお持ちの皆様に、相談事業、健診事業が多く行われております。

どうぞ、このホームページをご覧になり、参考としていただければと思います。

最後に、「健康をささえる歯科治療」「おいしく食べて楽しい会話」お読みいただき,有難うございました。

公益社団法人 東京都武蔵野市歯科医師会
会長 星野 衛一郎